元和6年8月13日 伊達政宗書状

そこもとご普請見回りのため、若狭申し遣わし候。いやはかも参り候や。今少しの義に候間、申すまでもなく候えども、油断無きようにもっともに存じ候。そこもと相かわる義無く候や。万々若狭申すべく候。恐々謹言。
(元和6年)8月13日 
伊達安房守殿

そちらのご普請の見回りのため、若狭を派遣する。工事は大分進んだろうか。今少しのことなので、言うまでもないことだけれども、油断無いのが肝心だ。そちらにかわりはないか。細かいことは若狭が言わせる。恐々謹言。

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る