元和6年9月20日 伊達政宗書状

そこもとご普請、見付升形もようやく近日出来なるべきのよし、大慶に存じ候。なかんずく各町場破損つかまつり候よし、手前ばかり無事の段承り、天道ありがたく存じ候。やがて隙明けられご下向にて、直談万々申し宣ずべく候。はたまた、そなた御留守より黒鶴、鉄砲にて打ち、進上候。賞味斜めならず候。なお後音を期し候。恐々謹言。
(元和6年)9月20日
伊達安房守殿

そちらのご普請、見付升形もようやく近日できあがるとのこと、よかったよかった。なかでもあちこちの町場が破損したそうだが、うちの持ち場ばかり無事だと聞き、めぐり合わせに感謝している。もうすぐ普請が済んで帰国したなら、直接いろいろ話をしよう。ところでそなたの留守から、黒鶴を鉄砲で打って贈ってきた。美味かったぞ。ではまた。

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る