寛永中10月1日伊達政宗書状

房州よりの書状、つぶさに披見候。余義なき理にて候。即ち役の義、200貫の通は、房州一代免許申すべく候。そのよし懇ろに使者へ申し渡すべきこと。謹言。

追って。この撚披見の為、房州へ遣わすべく候。かしく。

初冬(10月)朔日  政宗(花押)

(捻封ウワ書)

佐々若狭殿  政宗

備考

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る