寛永中11月3日伊達政宗書状

明朝の義、六時分参るべく候。その御心得もっともに候。来る9日朝、茶進ずべく候。民部太輔(石川宗敬)・武州(伊達宗利)・芸州(伊達定宗)へも申し遣わすべく候。

なおなお、明朝面に万々申すべく候。かしく。

霜月3日  政宗(花押)

(捻封ウワ書)

伊房州 御宿所    政宗

関連資料

伊達政宗文書3468

来る9日朝、西枢輪において、茶進ずべく候。内々その御心得もっともに候。房州・芸州へも申し遣わし候。恐々謹言。

霜月3日  政宗(花押)

(捻封ウワ書)

伊武州    政宗

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る