寛永6年カ11月18日 伊達政宗書状

約束申し候茶入、進じ候。この中隙をえず、遅く候。本意に背き候。江戸参府以前、寸隙を得候は、一朝参り候て、囲に会い申すべく候。恐々謹言。

なお、若狭申すべく候。かしく。

(寛永16年カ)仲冬18日    政宗(花押)

伊達房州 御宿所

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る