寛永6年10月3日 奥山大学・石母田大膳書状写

□□□□より相下候付而、佐藤甚三郎・大条□□、ひらたふね二艘ふちはへ相下候。此度為上候而、□□□□丸森へ為相上可被申候。御奉行橋本□□うぢ簡七両人に承合可被申付候。以上

巳(寛永6年)10月3日

            大かく・大せん

伊達安房守殿□□□□代・遠藤式部大輔殿□□□□代
 但二枚に遣候。

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る