伊達成実書状

可被申候尤候由被仰候はヽ明日早々人を可越候。明日ほり候而明後日早天に可越候間うへ木申候人足に鉄砲衆つもり候間可置候。――しゆん参候事成間敷由仰は其方も鉄砲も可相返候。五六日中に身か可被参候間其時うへ木こさせ可申候。一日もうへ木はやくと存候間みなかみなに――うしゆんこらんしなく候共見せ申うへさせ度候
以上
黒野覚兵衛殿

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る