同人訳 史料 伊達政宗の恋

 膨大な伊達政宗関係史料の中から、妻や恋人に宛てた手紙や、史料の中の萌えエピソードを超意訳。この企画の勘所は「萌え」でございますので、この意訳を「同人訳」と称しております(^^)

 私などは昨今の若い方々が「戦国無双」だとか「戦国BASARA」「天下人」などにハマるのと同様、かつて大河ドラマ「「独眼竜政宗」」にどっぷりとハマって歴史創作を始め、病膏肓に入る形でこのようなサイトを運営しているわけです。それにつけてもハマれば面白いのが「史料」の世界。最近は政宗や諸将の手紙を読んではわずかな表現の仕方ににんまりとしております(^_^;) 
しかし取っ付きが悪いのも「史料」でございますので、このたび、史料の世界の扉の一つとして「同人訳 史料 伊達政宗の恋」を企画いたしました。 原文と同人訳の対訳で政宗の息吹を感じ取っていただきたいと思います。

 このコンテンツは当サイト管理人の武水がぼちぼち執筆して参りますが、投稿も大歓迎しております。

目次

 

成実三昧TOPに戻る