陽林寺 伊達実元墓碑 碑文

幕末の亘理伊達家当主、伊達邦成の建立した石碑が、陽林寺の実元墓の横に建つ。
慶応元年、江戸城守備からの帰途、陽林寺に参詣しての発願であった。
以下、碑文。

君諱実元 幼字時宗丸 既冠藤五郎 藤原姓伊達氏 天正乙亥春 徐従五位下任兵部大輔 我宗藩左京大夫公諱稙宗第三子 妣葦名氏修理大夫諱盛高之女也 外曾祖越後国主上杉氏諱定実 欲養君 以為嗣約定 天文壬寅六月使其国老直江某来逆 与之偏諱名実元 又贈長光刀及竹雀徽号幕 会我臣桑折宗保 中野宗時 謀乱事発覚 約遂不果 是時臣士分党争隙 漸醸禍機 欲離間 稙宗 晴宗二公之際 君尚妙齢 処其間 謹慎周密 謂得乃父之心 則将失乃兄之心 遂与其臣数人 去周遊四方 若無復求于世物矣 当是時天下分裂 群雄割拠 苟有志于経世者 正将有為之秋矣 君乃幡然而起 与羽田伊庭野等謀 攻遠藤隠岐大森城克之 就而居焉 又攻堀越能登八丁目城克之 近邑聞風靡然来降 既而 君以大森八丁目二城奉事 晴宗公甚謹 自是兄弟之情益厚 元亀初 中野宗時再図不軌 如天文之乱 君与最上岩瀬岩城諸族相謀 克夷内難 以底平定 君雖終不冒上杉氏 以其約既定也 定実所与之偏諱及徽号 終身用之 後晴宗公特命以竹雀 永為伊達氏之徽号 且使君居公族之首以世界翼公室 君晩年隠退 自号棲安斎 天正十五年丁亥四月十六日卒 距大永六年丁亥之生六十一年矣 葬奥州信夫郡大森域墟東南半里 小倉村陽林寺之域 植松以表之 釈謚曰独照院傑山豪英 配畠山氏先歿 継室伊達氏 有子 諱成実 承家 輔藩祖公有偉功 賜采邑亘理宇多二郡 子姓相承 振々益盛 君為人温厚沈実 而有遠略 能容雄才 故四方将士 来事於我者 多依頼君云 慶長中 陽林寺主(「林」の下に「分」)達 建大雄寺於亘理 以奉君之神主 天保丙申建廟以祀 然而陽林寺以在邦境十数里外 且無其墓表也 日就荒蕪 於是十五世孫 邦成君 深恐重其不虔之罪 会慶応乙丑十月 奉 宗藩之命 代衛江戸城 翌年六月任満 将帰邑 途過陽林寺展謁其墳 議更樹一碑以伝之不朽 使臣顕允銘之 且菫其事 臣不文 豈足以発揚 君之盛徳哉 雖然我 君脩追遠之道以帰厚之一大盛事 臣固当賛成之 不得以不文乱之也 乃謹作之銘 々曰
外禦寇敵 内清蕭墻 深謀偉略 威武以張 宗子維城 邦家之光 垂休万世 子姓洋々 有鬱其松 是君之蔵 勒文此碑 後人所望
慶応三年丁卯夏四月
十五世孫伊達邦成題額 臣前田実至謹書

「成実の家族」に戻る

 

成実三昧TOPに戻る