寛永6年7月14日 伊達政宗書状

巣鷹の礼義として、羽田右兵衛給い候。ことに口上の通り、満足せしめ候。さて、将軍様御機色、日を追いて御快気を得られるのよし、昨日申し来たり候。定めて頓に御本復あるべしと存じ候、如く承り候。御普請近日残りなく出来申すべく候。石垣の分は、は疾くに仕舞候よし申し候。なお、中島堅物所より申すべく候。恐々謹言。

以上

(寛永6年)7月14日    政宗(花押)

  伊達安房守殿

※巣鷹=雛のうちに巣からおろした鷹

「成実と書簡」へ戻る

成実三昧TOPに戻る