出奔時代

高野山

 伏見を去った成実が、まず向かったとされるところ。山内に政宗の墓もある。また北室院は仙台伊達家・宇和島伊達家・山形最上家等が帰依し、政宗の位牌も祭られている。總持院も仙台伊達家と関係が深いそうな。

糟谷

 徳川家重臣・大久保家の庇護を受けて、相模糟谷(現・神奈川県伊勢原市)の禅寺に寄寓していたという。

参照

 伊達成実の住まいと城下に戻る

成実三昧TOPに戻る