永江月鑑死附弾正誓紙

 

去ば月鑑は、相馬義胤の子舅なり、故に大崎下新田の合戦にも、月鑑人数は玉なしの鉄砲を打。此のこと政宗聞給ひ、居城の深谷は大崎境、況や義胤縁者といひ、亦も逆心危しとて、先秋保摂津守といひけん者に預けられ、後には死罪に行ひ給ふ。尓して後弾正親氏家参河も弾正と不和になり、名生の城に居ながら、彼城を懐て義隆へ忠をなす。故に政宗弾正に疑心をし給ふ、御十分の至りなり。尓と云へども、一旦の忠を争ひ不忠有べしとて、数通の起請を差上ければ聞分給ふ。是に仍て岩手山へ横目を申請、小成田惣右衛門を遣はし給へば、程なく弾正病死に付て、存生の如く万づ仕置を惣右衛門申付、岩手山をば抱ひ給はり、小成田惣右衛門を近頃は山岡志摩とぞ呼れける。


最上より大崎へ使者の事へ戻る
黒川月舟死罪被逃事に進む
「政宗記 目次」に戻る

成実三昧TOPに戻る