伊達成実の著作

各著作を順にUPしていきます。リンクをたどってください。
UPの際に、下記の通り改変を加えています。正確なところは原本をあたってください。

現在UPしているものはこちら。どれも途中です。

和歌

政宗は多くの詩歌を遺していますが、成実はどうでしょう。
管理人が知っているのは辞世

「古来より稀なる年に九つの余るも夢の中にこそありける」

の一首のみ。
下の民謡「さんさ時雨」の元歌が成実作の和歌という説もあり、高倉惇の宮城郷土史「さんさしぐれ」の項に、

亘理重宗の「音もせで茅野の夜の時雨れ来て、袖にさんさと濡れかかるらん」
および
伊達成実の「音もなく松にあらしのはこびきて 萱野のしぐれぬれかかるらむ」

が元歌とする説があると紹介されています。

民謡

さんさしぐれか 茅野の雨か 音もせできて 濡れかかる ションガイナ

民謡「さんさしぐれ」は政宗の会津攻略の際にできたものだと言い伝えられますが、作者は、政宗説のほかに成実説があります。
成実の和歌を政宗が整えた、という合作説も。

地図

「仙道之図」という古地図がありますが、これは成実が作って政宗に献上したもだそうです。(正確には「作らせた」だとは思うが)

当サイト内関連記事

「成実三昧」topに戻る

成実三昧TOPに戻る