がんばれ! 左門くん~成実編

伏見に上った成実は、久しぶりに左門に会って破顔した。
十にも成らぬ身の出仕はいたいけながらも、会うたびに成長が感じられて快いものである。
左門は前にあったときよりも少し痩せていた。――いや、背が伸びていた。
にこりと笑う顔が近頃だんだんと美々しくなって、家中一同のひそかな自慢の種である。
「左門、久方ぶりじゃ。慣れぬみやこ暮らしで困ったことはないか?」
きょとん、と左門は首を傾げた。まだ愛らしさの残る仕草である。
「ありがとうございます。みなさまよくしていただきますし、特に困ったこととてはないのですが……」
少し言いよどんで、左門は袂を振った。
振袖の裾から、ばさばさと落ちる紙の群れ。
「登城するたびにこのありさまで、どうしたものかと悩んでおります」
手に取って見ると、それは全て恋文。侍女と思われるものから、小姓仲間らしき名、果てはとても声に出しては言えぬようなお歴々のものも混じっている。
思わず成実は頭を抱えた。
「五郎さま、なにかよいお知恵はございませんでしょうか」
答えられない。答えられようはずもない。可愛がられた覚えは確かにある。だがこのようにもてたことなど、記憶にあったろうか。
「……ともかくも、身をいとうて暮らせよ」
やっとそれだけを成実は言った。
成実三昧TOPに戻る