一 10月15日……

一  10月15日。二本松へ御働き候えども、内より出ず堅固に抱え候間、何事無く打ちあげられ、川を越え高田へ、惣人数引き上げ、野陣をあいかけられ候。明日の御兵議承るべきよし、我らにおいても高田へ参り候。拙者、その夜の陣場はほう田(硫黄田)と申して、二本松より北にて、高田よりは格別のところにて候。それは八丁目の抱えにて、目付まで差し置き候。我ら人数北へ上り候について、城中よりまかり出で、合戦つかまつり候。双方数多討死いたし候。高田の衆もあい返され候につき、城内より出で候人数、遠矢来まで押し入り、武別れつかまつり候。15日の夜半時分より、大風吹き出で、明け方より大雪降り、16日より18日まで昼夜ともに降り続き候ゆえ、馬足かなわず御働きもなるまじきよしにて、境の衆残りなくあい返され、御休息なされ候。

「成実記 目次」

成実三昧TOPに戻る